【アニメーターになるには】アニメの専門学校には行くべき?メリット&デメリット、おすすめのスクールも紹介!

【アニメーターになるには】アニメの専門学校には行くべき?メリット&デメリット、おすすめのスクールも紹介!
      
              

気になる学校を探してみよう

学校種別
エリア
職種
   
 

アニメの専門学校の種類

私たちが普段視聴しているアニメは、様々な分野から成り立っています。
まずは声優。今まさに現場で活躍されているような声優の経歴を調べると、声優の専門学校や、ナレーターの専門学校などで経験を積んでいる場合が多いです。
また、イラストレイター、デザイナー、脚本家などを目指すための専門学校も、東京や大阪などを中心に全国各地に存在しています。

専門学校を見極める方法

アニメの仕事をする人

まずは資料請求を行ってください。オープンキャンパス(オンラインで開催されることも多いです)に参加するのも良いでしょう。
そして、身近に在校生や卒業生がいるならその人に話を聞く様にしましょう。
インターネットが普及したこの時代に、わざわざこんなアナログな方法を勧めるのは、「インターネットの情報には、不確かなものが多い」からです。
後にも詳しく述べますが、まずインターネットの情報、特に口コミは、情報が薄い、またはまずが少ないことが多いです。
有名な学校比較サイトを開いても、口コミの数は数件しかない、ということも非常に多いです。
また、その口コミには、残念ながらその道に進むことができなかった人が、腹いせに学校の悪口を書いているというのもとても多いんです。
同じ事柄であっても、口コミによって「これをやっていたから今それが役に立っている」という声と「こんなことばかりやっているからこの学校はダメなんだ!」という声が交錯していて、取捨選択が非常に難しいです。
ですから、まずは学校が出している情報を見て、それを自分の肌で感じてみる、という経験が大事なのです。

おすすめのアニメスクールを探してみる

アニメの専門学校には行くべき?

インターネットで検索すると、文野別、多くの専門学校の名前が出てきます。
代々木アニメーション学院(通称・代アニ)とか、HAL東京(名古屋、大阪もありますね)とか、CMなどで一度はその名前を聞いたことがあるのではないでしょうか?
この様に、人気の職業なので、その「ネームバリュー」は相当なもの。
ですが、アニメの専門学校に行くのは、実は賛否両論あります。「絶対に行くべきだ」という意見と、「別に行かなくても良い」や、言葉は悪いですが「行くだけ無駄だ」という意見も、実際に存在します。
では、アニメの専門学校には、実際に行くべきなのでしょうか?

本校は、つくば市内に初めて開校したビジネス・コンピュータ系専門学校です。

専門的な技術はもとより、ビジネスマナーなど人間性を重視した教育をきめ細やかに指導しています。
メディカルクラーク・ドクターズクラーク養成校として、毎年多数の合格者を輩出、経済産業省情報処理技術者試験も1年次合格者を毎年輩出しています。また、ブライダルコースでは、豊富な実習、実践的な授業、インターンシップにより即戦力の人材を育成します。グラフィックデザインコースでは、地元観光協会とタイアップし観光ポスターやTシャツデザイン、茨城県食品衛生管理マーク、茨城教育の日シンボルマーク採用などの実績もあります。県内唯一のマンガ・イラストコースとデザイン進学コースの研究課程も設置しています。
つくばビジネスカレッジ専門学校

アニメの専門学校に進むメリット

まずは、「専門的な知識が学べる」ということです。
例えばイラストレーターを目指すには、美術大学や芸術大学に進学するというのも一つの手でしょう。
ですが、美大、芸大では、アニメーションの他にも、様々なことを学ばなくてはなりません。
経験を積むという意味では素晴らしいことです。ですが、「アニメを作りたい」とか、「他にやりたいことがある」という人には、その「色々なことが学べる」という特性が、足枷になってしまうこともあります。
とにかく「やりたいことがある」「これに集中したい」というものがある場合は、通う期間も負担も少ない専門学校に通うのが良いでしょう。
また、声優を目指すにはほとんど専門学校に通うのが定石になっています。
他に声優を目指せる道というのが少ないからです。独学でやるのは難しいですし、芸能事務所などでよくあるような、専属のインストラクターに指導してもらうというのも現実的でありません。
ですから、声優(ナレーターの道が開けることもあります)を目指す場合には、専門学校を目指すのが良いでしょう。

デメリットもある

もちろんメリットばかりではありません。
専門的なことを学べるというのが専門学校のメリットですが、その専門的なスキルが昔の情報からアップデートされていなかったり。
これはある専門学校の「卒業生の声」で、実際に書かれていたものです。
せっかく高いお金を出して、貴重な2年間を費やして通うところですから、それが無駄になってしまうことは避けたいですよね。
そして、学校に行くということは、課題もありますし、ある程度の拘束時間もあります。
特に制作に携わりたい人の中には、「時間を作って、自分でアニメーションを作りたい」という人も多いと思います。
そういったことがないように、事前に資料請求やオープンキャンパスなどを通じてしっかり調べておくようにしましょう。

TECH.C.はコンピュータを使って、クリエイティブな仕事に「絶対就職」する学校です。

TECH.C.は「産学協同教育システム」(業界と学校が一緒になってあなたを育成)で、業界が求める「即戦力」を身に付け就職・デビューを実現します。
・「企業プロジェクト」―商品化を前提とした企画を、プロの直接指導を受け、コラボレーションしながら制作していきます。
・「企業課題」―企業からいただいた課題に対して授業として取り組み、ターゲットを想定して制作していきます。
・「Wメジャーカリキュラム」―入学時に選択した自分の専攻以外の科目でも、将来の目標に合わせて興味のある授業を履修することが出来る、在校生に人気のカリキュラムです。
東京デザインテクノロジーセンター専門学校

まとめ

いかがでしたか?
将来アニメの仕事に少しでも興味がある方は、ぜひ参考にしてみてください!

おすすめのアニメスクールを探してみる
 
   

気になる学校を探してみよう

学校種別
エリア
職種