【高校生必見】IT業界で働くには? | どんな職種があるの?資格、学校、将来性について紹介!

【高校生必見】IT業界で働くには? | どんな職種があるの?資格、学校、将来性について紹介!
      
              

気になる学校を探してみよう

学校種別
エリア
職種
   
 

家電や自動車など身の回りのあらゆるものにIT技術が活用されています。
IT化社会では、プログラマーやエンジニアの需要は高いです。

IT業界とは

IT 業界とは「 IT( 情報技術)」を活用したサービスを展開する業界です。
IT業界の中にも様々な職種があります。
IT業界は、大きく分けて以下の4種類に分類されます。

ソフトウェア業界
ハードウェア業界
情報処理業界
インターネット・Web 業界

この4つを以下に紹介します。

ソフトウェア業界

ソフトウェアは、コンピューターやアプリなどのプログラム開発が仕事です。
ソフトウェア業界で働く魅力は、他業界より高い年収です。
また、仕事に対するやりがいもあります。

ソフトウェア業界の仕事は、手に職系の仕事です。
将来的にはフリーランスとして独立することもできます。

職種は、システムエンジニア、プログラマー、ネットワークエンジニアがあります。
線引きは曖昧で、それぞれの職種が重複していることがあります。
システムの設計・開発・テストを手掛けるのがシステムエンジニアです。
そのシステムにプログラマーがプログラミングし、サービスを形にします。

ネットワークエンジニアは、システムの基礎を司る仕事です。
コンピューターネットワークのシステム構築や保守管理などを行います。

ハードウェア業界

電子機器類のような機械や設備装置を製造するのがハードウェア業界です。
ハードウェア業界で働く魅力は、 製品・成果が目に見えることです。

また、 ハードウェアの設計は、企業により手法も考え方も全く異なります。
入社後に、一からスキルを教育してもらえることが多いです。

ハードウェア業界の主な職種が、 ハードウェアエンジニアです。
電子回路や電子機器の設計を担っています。

ハードウェアエンジニアに必要なのは、電気・電子工学の知識だけではありません。
ソフトウェア、品質管理に関係する知識も要求されることがあります。

情報処理業界

情報処理業界には、システム開発から保守まで一括で請け負うSIer企業があります。
また、必要な期間・人数のエンジニアを提供するSES企業があります。

SIerはソフトウェアの受託開発と情報処理という2つの業界にまたがっています。
情報処理業界の企業は、主に法人顧客のシステム構築や運用支援などを行います。

法人相手のビジネスなので、仕事の規模が大きく、やりがいを感じられるでしょう。
また、ITコンサルタントは年収が高い傾向にあります。

情報処理業界は、ITに関する課題を解決するITコンサルタントがあります。
また、エンジニアと営業の二役を併せ持った、セールスエンジニアがあります。

インターネット・Web業界

インターネット・Web業界はWeb サイトやインターネット広告の制作を行います。EC(電子商取引)、SMS などに関わるのもインターネット・Web業界です。

この業界は、在宅ワークやノマドワークなど柔軟な働き方を取り入れる企業が多いです。
インターネット Web 業界は毎日のように変化し、新しい職種が生まれています。

例えば 、Web 制作の際に全体を指揮する Web ディレクターがあります。
Web サイトに掲載する記事を執筆する Web ライターがあります。

また Web サイトのデザインをする Web デザイナーもあります。
動画コンテンツが重視される昨今においては、動画クリエイターなども人気です。
IT業界で働ける学校はこちら

エンジニアになるには

エンジニアになるためには、主な進路として以下の四つの方法があります。

大学
専門学校
高等専門学校
スクール

それぞれご紹介します。

大学

「情報工学科」「電子工学科」「機械工学科」などの学部に進学するとエンジニアに関する基礎を学ぶことができます。

高等専門学校

高等専門学校は、大学と専門学校の間のような教育機関にあたります。
このような教育機関は、情報技術検定や AI に関するG検定などが教育課程に盛り込まれている場合が多いです。

専門学校

専門学校は、短期間で集中的に 必要な技術の取得ができます。
金銭的に低いコストでも、卒業後にすぐエンジニアとして活躍できます。
基本情報技術者試験、応用情報技術者試験といったIT系国家資格も目指します。

スクール

また、上記の他にIT専門のスクールもあります。
講師が現役のIT人材によって構成されているケースが多いです。

IT現場での最新の知識やスキルを直接学ぶことができるのはとても貴重です。
エンジニアになるために、実践的な学びを得ることができる進路とも言えます。
IT業界で働ける学校はこちら

まとめ

IT業界は今後も伸びていく業界です。将来的に人手不足が予想されています。
また、学歴よりも、実力が問われる業界でもあります。

この業種に進めば将来は明るいといえるでしょう。
まずは自分に合った仕事や学校を探してみましょう。

IT業界で働ける学校はこちら
 
   

気になる学校を探してみよう

学校種別
エリア
職種