京都コンピュータ学院の学費

合格者は,合格通知書に記載されている所定の期日までに学費を納入してください。

◆納入方法
年額一括納入を原則とします。(所定の振込用紙にて振込)
※分割納入(3回分納)も可能です。4回以上の分割納入または学費延納を希望する場合は,入学事務室までお問い合わせください。

◆洛北校 
・情報工学科
・コンピュータ工学科
・コンピュータ工学基礎科

初年度 1,400,000円 
2年次以降 1,190,000円

◆鴨川校
・芸術情報学科
・アートデザイン学科
・アート・デザイン基礎科

初年度 1,400,000円 
2年次以降 1,190,000円

◆京都駅前校
・マンガ・アニメ学科
・経営情報学科
・応用情報学科
・ビジネス基礎科
・医療事務学科
・情報科学科
・メディア情報学科
・ネットワーク学科
・情報処理科
・ゲーム学科
・ゲーム開発学科
・ゲーム開発基礎科
・情報コミュニケーション科

初年度 1,400,000円
2年次以降 1,190,000円

◆情報コミュニケーション科(京都駅前校・夜間部)
初年度  777,500円
2 年次  567,500円


*教材費等諸費預り金として年間100,000円を徴収し,教科書等の購入代金のほか,教育内容・環境の向上等を目的とする
諸費・事務手数料に充当し,年度末に精算します(初年度は入学手続時, 2 〜 4 年次については, 4 月入学生は 2 月,10月入学生は 8 月)。ただし,情報コミュニケーション科(夜間部)は,年間50,000円を徴収します。

\京都コンピュータ学院の学費についてもっと詳しく知るなら /


京都コンピュータ学院の学費についてもっと詳しく知るなら


京都コンピュータ学院の奨学金

【高等教育修学支援新制度】
本学院は「高等教育の修学支援新制度」の対象校です。
授業料と学生生活費が国から支援されます。
詳しくは、JASSO(日本学生支援機構)をご確認ください。
https://www.jasso.go.jp/shogakukin/kyufu/

【特待生制度】
◆閑堂記念奨学生
<基準>
学業・人物ともに優秀で、独創性を有し,情報社会を牽引する資質を持つ方。応用情報技術者試験または同レベルの資格試験に合格し、ソフトウェア開発等の経験を有する方

<減免額>
在学中の設備費・授業料・実習費の全額(各年次118万5千円)

◆Shotaro記念奨学生
<基準>
学業・人物ともに優秀で,基本情報技術者試験または同レベル以上の資格試験に合格し、ソフトウェア開発等の経験を有する方など

<減免額>初年度の学費から50万円(実習費30万円と設備費20万円)

◆一般特待生 
※審査のうえ、種別を決定します。
・減免額
A種:初年度の実習費から20万円
B種:初年度の実習費から10万円
C種:初年度の実習費から5万円

【資格取得者奨学制度】
本学院が指定する資格を取得している方に対し,取得資格により種別を決定します。
<減免額>
A:初年度の学費から50万円(実習費30万円と設備費20万円)
B: 初年度の実習費から30万円
C: 初年度の実習費から20万円
D: 初年度の実習費から10万円
E: 初年度の実習費から5万円

【経済支援奨学制度】
減免額:在学中の学費から5万円〜50万円(実習費30万円と設備費20万円)
世帯の経済状況を考慮して免除額を決定します。
・対象学科:1年制・2年制・3年制の各学科

【校友会家族奨学制度】
四親等以内の親族(父母,兄弟姉妹,祖父母,おじ・おば,いとこ,配偶者等)が、KCGグループの卒業生または在学生である志願者が対象となります。
・減免額:入学選考料(3万円)と入学金(21万円)の全額

【その他】
・高度専門士奨学生
・学費分割サポート奨学生
・貸費制度(生活支援)
・学費貸与奨学制度(学費支援)
・大学生・社会人支援奨学制度
・日本学生支援機構の奨学制度

※詳しくは、募集要項をご覧ください。

\京都コンピュータ学院の奨学金についてもっと詳しく知るなら /


京都コンピュータ学院の奨学金についてもっと詳しく知るなら


京都コンピュータ学院の寮

ご希望の方には提携している不動産業者を紹介しています。

\京都コンピュータ学院の寮についてもっと詳しく知るなら /


京都コンピュータ学院の寮についてもっと詳しく知るなら


資料請求で充実情報を入手!
まずは見て学校を知ろう!