メッセージ

  • mdcで建築が大好きに。 「好き」を仕事にすると凄く楽しいです。

    長田 舞夏さん(卒業生)

    株式会社三和住建 営業部設計課
    2015年度卒業|出身校:神奈川県立鶴嶺高等学校

    私が手がけている物件は、店舗・注文住宅・共同住宅(アパートなど)・診療所等、非常に多岐に渡っています。また一度に複数の物件を手がけることもあり、日々仕事に忙殺されることが多いことは、大変な点だと思います。ただ忙しい日々の中であっても、直接お客様と打合せをしながら進めていく設計士の仕事にやりがいと面白さを感じています。とりわけお客様に自分の提案を受け入れていただき完成した時は、充実感と達成感で、思わず『よしっ!』と叫んでしまうくらい本当に嬉しいですね。

    この分野を選んだきっかけ
    初めはインテリアデザインの道へ進もうと決めインテリアデザイン科へ進学しましたが、住宅を丸ごと設計できる設計士の仕事に興味が広がり、2年次で『2級建築士』の受験資格が得られる建築デザイン科へ転科しました。

    これからこの分野を目指す人へ
    「人の暮らし」を設計することは、とても素敵です。すべてオリジナルで世界にひとつの住宅をデザインして、実際に形になって、街の風景にまでなります。ちょっと大袈裟な表現ですが「世界の一部を作っている」なんて思えるところがやりがいです。

    全文を見る
  • そのときの関心・興味を経験に変えて いまは未来のまちづくりへ。

    河原 大悟 さん(卒業生)

    株式会社NENGO コミュニケーション推進室 マネージャー
    2005年度卒業|出身校:神奈川県立藤沢西高等学校

    mdcに在学中、『建物ってどのように建っていくのか?』『現場ってどのように収まっていくのか?』などに最大の関心があったため、卒業後、就職した建設会社で、施工管理の仕事に携わりました。その後、海外の暮らしに興味を持ち、ワーキングホリデーで、当時はまだ珍しかったシェアハウスに住んで、人と住空間を共有するという経験をしました。日本に戻ってからはシェアハウスの賃貸業や運営、リフォームやリノベーションに携わり、現在は、建築・不動産という『住宅』に関わる領域を通して、日本の100年後の街並みを表現・創造する事業を展開している会社で、広報としてWeb制作、マーケティング、ディレクションなどを行っています。

    この分野を選んだきっかけ
    以前よりデザイン方面にいってみたいという気持ちがあり、とりわけ空間のデザインに興味があり、人の暮らしや、空間を考えるのが楽しそうだと思い、mdcのインテリアデザイン科に入学しました。同級生の意識が高く、建築への向き合い方がすごいので、一緒にいて本当に楽しく、刺激になり、最高の思い出となりました。

    これからこの分野を目指す人へ
    建築の世界は広く、選択肢はひとつではないので、多くの可能性があると思います。仕事自体は大変ですが、クリエイティブな分、面白さもあり、多くの人とすごいパワーが結集して、ひとつの建物が出来上がるという大きな仕事に携わることができますので、興味のある方は是非チャレンジしてみてください。

    全文を見る
  • グラフィックデザインを学んで大好きなサッカーの仕事に

    スドウ 創太 さん(卒業生)

    株式会社アクオレ デザイナー
    2011年度卒業|出身校:昭和第一学園高等学校

    現在、サッカーのユニフォーム、エンブレム、ロゴなどのデザインを手がけるデザイナーとして仕事をしています。この仕事の難しさはクライアント(お客様)がサッカークラブということもあり、見ているファンというよりそのユニフォームを着て戦う選手の気持ちになって、選手が喜んでくれるものを作るという点です。というのも、私は昔からサッカーは好きでしたが選手としての経験がないため、なかなか選手目線のデザインを表現することには苦労しています。ただ、デザインを学んだことにより、サッカー未経験の私が大好きなサッカーの仕事に携わることができたことは、とても幸せなことだと思っています。最近ではカンボジアのプロサッカーチームのユニフォームを手がけることができ、いつしか仕事がグローバルに広がっています。また、個人活動としてもイラストレータースドウ創太としてグッズ展開やCDジャケットのイラストなどを手がけています。

    この分野を選んだきっかけ
    小さい頃から絵を描くことが好きでしたし、他にも演劇や映画のショートフイルムを作ったりするなど、とにかく何かを表現することを続けてきました。そして最終的な進路を決めていく中、グラフィックデザインを学ぶことでイラストも活かすことが出来ると考えmdcに入学しました。

    これからこの分野を目指す人へ
    デザインの仕事はコミュニケーション能力が一番大切だと思います。作品力だけでアーティストとしての仕事ができるわけではないので、人を好きになり、人と積極的につながりながら、デザインを通して人を楽しませ自分も楽しむというような思いで頑張ってください。

    全文を見る
  • やりたいことがハッキリしたので、フリーの道で日々挑戦中!!

    髙橋 今日子 さん(卒業生)

    フリーランスイラストレーター
    2012年度卒業|出身校:神奈川県立厚木北高等学校

    個人でイラストの創作活動をしています。活動で繋がった人からイラストの依頼を受けたりして、ロゴ、似顔絵、グッズ制作をしています。ただ、数はまだ全然多くないですが…。展示会やアートイベントに参加したり、個展を開催したり、ライブイベントではパフォーマンスアートをしたりしています。会社で仕事をしていましたが、自分のやりたいことがハッキリしてくると、どうしても自分の創作活動の時間がどんどん欲しくなり、思い切って会社を辞め、フリーアーティストの道へ進みました。現実は、まだまだ厳しいこともありますが、自分を信じて、日々奮闘しています。

    この分野を選んだきっかけ
    昔から絵を描いていたので、絵で食っていきたいという一心で、なんの迷いもなくこの業界を選びました。入学後は、スキルはもちろん「自分の個性を思いっきり爆発させていいんだ!」という事も学びました。

    これからこの分野を目指す人へ
    絵で食べていきたいと思ってる人たちへ。厳しい世界と散々言われてきたけど、まさにその通り。でも好きな事はお金にならずとも楽しいし、ずっと貫き通せばいつか開花してれると思います。私はそれを信じて今でも絵の活動をしています。

    全文を見る
  • “分野を絞らなかった”ことが今の仕事に役立っています。

    阿部 麻衣子さん(卒業生)

    株式会社グレートインターナショナル 2DCGデザイナー
    2011年度卒業|出身校:都立八王子東高等学校

    テレビ番組で使われるCG作成が主な業務です。一概に"CG"といっても多岐に渡りますので、タイトルデザインをした翌日にアニメを描いたり、ブログのデザイン(ドラマ用の小道具)をした数時間後に3DCGを作ってることも多いです。その為デザイナーにはより多くの引き出しを求められますが刺激的でやり甲斐があります。最近はプロジェクションマッピングやキャラクターアニメの仕事に携われたのが嬉しかったですね。

    この分野を選んだきっかけ
    「自分の好きなもの」を人にプレゼンする際に、映像が最も強く有効な手段だと考えたのが最初の動機です。

    これからこの分野を目指す人へ
    もし進む分野を迷っているのなら、無理して絞らず興味あるもの手当たり次第つまみぐいして勉強するのも1つの手ですよ。絶対に無駄にはならないので。

    全文を見る