【高校生必見】チームマネージャーになるには? | 役割や年収、おすすめの専門学校を紹介!

【高校生必見】チームマネージャーになるには? | 役割や年収、おすすめの専門学校を紹介!
      
              

気になる学校を探してみよう

学校種別
エリア
職種
   
 

プロスポーツチームは、選手や監督はもちろん、様々なスタッフによって構成されています。
中学や高校の部活には、マネージャーという選手のサポートを行う役割がありますが、これはプロスポーツチームにもあります。
チームを総合的にサポートするマネージャーは、非常に重要なスタッフです。
スポーツが好きな方や、スポーツチームの手助けをしたいと考えている方は、プロスポーツチームのマネージャーを目指してみるのも選択肢のひとつです。

チームマネージャーの業務内容は?

まずプロスポーツチームのマネージャーの業務内容は、練習のサポート、練習の準備や片付け、練習のサポートまでと多岐に渡り、どれも大切な仕事です。
選手が練習に集中できるよう、記録を取ったり、ボール拾いや球出しなど、体力も必要になります。
また、日頃から選手の様子をチェックし、監督や選手にはわからない別の視点からアドバイスをすることも、プロスポーツマネージャーの役割です。

プロスポーツチームのマネージャーに必要な役割として、コンディション管理もあります。
肉体的にも精神的にも最高の状態を維持し、試合に臨んでもらうために、マネージャーは選手のコンディションや、健康管理にも気を配る必要があります。
選手自身では感じることのできない肉体的な疲労や、精神的な疲労を一番近くで見ているマネージャーが的確に指摘し、ケアすることができればそのチームはより強くなるでしょう。

運営における窓口の役割を果たすのも、プロスポーツチームのマネージャーの役割です。
練習のスケジュールを作ったり、他のチームとの連絡を取ったり、遠征や試合の際にはホテルを手配をしたりするのも、マネージャーの仕事です。
広報や経理、ファン向けのグッズの発注や販売などを担当するマネージャーもいます。
チームマネージャーになれる学校を探してみる

チームマネージャーに役立つ資格は?

プロスポーツチームのマネージャーになるのに必要な資格などは存在しませんが、幅広い業務を行うことができる、柔道整復師や理学療法士の資格を取っているマネージャーも多くいます。
優秀なマネージャーとして活躍するためにも、資格取得は有効な手段です。
マネージャーの募集自体があまり多くないため、他の応募者との差別化を図るためにも、よりレベルの高い資格を一つでも多く取っておくということは非常に大切であると言えましょう。

なかなかプロスポーツのマネージャーという求人を出すチームはないため、専門学校やスポーツに関する学問を学ぶことのできる大学に通い、コネクションを作っておくことがプロスポーツチームのマネージャーになるために非常に大切なことです。
チームマネージャーになれる学校を探してみる

チームマネージャーの年収は?

プロスポーツチームのマネージャーの平均年収は600万円から800万円ほどと、日本の平均年収よりかなり高めになっています。
これは求められるスキルや業務内容が非常に広範囲に渡ることや、レベルの高いマネジメント力が求められるからです。
チームマネージャーになれる学校を探してみる

チームマネージャーを目指せる専門学校は?

プロスポーツチームのマネージャーになるためのおすすめの専門学校は、先ほども軽くご紹介しましたがスポーツについて学ぶことのできる専門学校だけでなく、理学療法士や柔道整復師の資格を持っているとプロスポーツチームのマネージャーとして、市場価値が高まるので理学療法などを学ぶのも選択肢のひとつです。

理学療法士や柔道整復師の国家資格ですのでなかなか合格が難しいですが、選手の身体のケアを行うことができるという点で、非常に重宝されます。

求人が少ないからこそ、そうした点で他の応募者との差別化を図っていくことはとても重要です。
チームマネージャーになれる学校を探してみる

まとめ

ここまでプロスポーツチームのマネージャーの業務内容や、求められるスキル、年収やおすすめの専門学校などについてご紹介してきました。

プロスポーツチームのマネージャーは様々な役割を求められ、責任も非常に重い仕事ですが、そのぶんチームのパフォーマンスが向上したり、選手がのびのびとプレーしている姿を見るのは何事にも代えない達成感があります。

スポーツについて学ぶだけでなく、理学療法や柔道整復などについて学ぶことでも、プロスポーツチームマネージャーへの道は開けます。

しかし最も大切なのは、スポーツが好きであるということをいかにアピールできるかです。

自分自身のマネジメント力の高さや、選手を全面的にサポートしていくという強い気持ちを伝えることができるかどうかは非常に採用に影響します。

なぜこのチームに応募したのか、なぜこのチームのマネージャーになりたいと思ったかを確実に伝えることができれば、採用担当者の心に響くことは間違いありません。

もしいきなりマネージャーとして働くことが難しい場合は、マネージャーのアシスタントという業務も募集されているのでそちらに応募してみるのも良いかもしれません。

ぜひ本記事を参考に、プロスポーツマネージャーになるための第一歩として専門学校などについて調べてみてくださいね。
ここまでお読みいただき、ありがとうございました!
チームマネージャーになれる学校を探してみる

 
   

気になる学校を探してみよう

学校種別
エリア
職種