メッセージ

  • 感謝の気持ちでいっぱいです。

    小澤 兼昌さん

    中央歯科衛生士調理製菓専門学校
    調理経営学科 平成9年卒業

    卒業してから箱根で板前修業をしたことが全ての料理の基礎になっています。目標としていた20代での独立開業を果たし、今年は2店舗目をオープンすることができました。自分のお店をもつという、ひとつの夢の実現の為に卒業後3年ごとに計画してきましたが、その間にも素晴らしい仲間と出会い、たくさんの人に支えられたおかげで叶った夢だと思っています。感謝の気持ちでいっぱいです。
    今は、この感謝の気持ちを忘れずに、多くのお客様に感動を与え、多くの仲間と共に誰もが夢をもって楽しく成長できる環境を作るように努力しています。

    全文を見る
  • 自分の成長を実感できるやりがいのある仕事

    土井 由貴子さん

    小山高等学校出身
    しおみ歯科医院勤務

    高校生の頃から、何か資格をと考えていました。看護師なども選択肢のひとつでしたが、仲のいい友人が歯科衛生士を目指すと聞いて私も一緒に入学しました。今ではこの道を選んで良かったなと思っています。
    私の努める歯科医院の院長先生は、若い学生のやる気や夢にとても理解のある先生です。スタッフと、和気あいあい仲が良く、たまにみんなで仕事のあとに飲みに連れていってくれたりします。家も近く、スクーターで楽々通えます。

    医院での仕事は、受付から、アシスタント、訪問の口腔ケアなど多岐に亘りますが、この仕事がたのしいなと感じるのは自分の成長が目に見えて分かるというところでしょうか。技術的な進歩もそうですが、それが時間的にも短縮できたり、上手にこなせたりすることが嬉しく、自分の中でガッツ・ポーズをとったりします。常に昨日までの自分と闘っている感じ? ひとつひとつ、階段を登っている実感があることが一番のやりがいですね。

    よく女性が結婚や育児で職場を離れると再就職が難しいと言われますが、歯科衛生士は例外。ちゃんと資格を活かして歯科医院に再就職できます。周りにもそういう方がたくさんいます。だから私も、まだまだ先の話でしょうが結婚して、育児が一段落したら、またこの仕事を続けていきたいと思っています。

    私達第三期生は、とても仲が良く今でも月いちくらいのペースで会っています。同期の仲間って尊いですよね。みんなもまだ発展途上で、仕事やそれ以外のことでいっぱい悩んでて、おおよしよしってグチを聞いてあげます。私ですか?私はないんですよね、グチ。恵まれてますよね。だから、聞く専門です(笑)。

    全文を見る