神戸電子専門学校の最新ニュース

本学園オリジナル教材「AI基礎原理とその仕組み」が出版されます!

2021/03/12

2021/03/12

本学園オリジナル教材「AI基礎原理とその仕組み」が書籍化され、全国で発売されることになりました。

AIはなぜ「自分で学習」できるのでしょう!?
この本を学習することにより、すぐに分かります!
コンピュータは膨大な桁の計算処理を行うことはできますが、それ以上のことはできません。しかしAIは「自分で学習」することができます。
AIをかなり研究している人でも、このことがわかっている人は少ないようです。本書はブラックボックスとして扱われがちであるAIの構成と仕組みについて、やさしく徹底的に解説しています。したがって、AIがなぜ「自分で学習」することができるかを主目的に解説しているので、直ちに学びとることができます。

◆AI基礎原理とその仕組み
 Neural Network and Deep Learning

学校法人コンピュータ総合学園
(神戸電子専門学校/神戸情報大学院大学)
著者 : 理事長 福岡 富雄
     法人本部 主査 油谷 元洋
発行 : 神戸情報大学院大学企画出版部
価格 : 2,200円(本体2,000円+税10%) A5版 142ページ
ISBN978-4-87787-800-9 C3055

■全国取扱店舗
(MARUZEN&ジュンク堂書店/MARUZEN/ジュンク堂書店)
札幌店・仙台アエル店・池袋本店・丸の内本店・吉祥寺店・名古屋本店・京都本店・大阪本店・梅田店・難波店・西宮店・三宮駅前店・三宮店・明石店・姫路店・福岡店・博多店・那覇店

■収録概要
Ⅰ.AI人工知能の歴史
Ⅱ.機械学習とは
Ⅲ.神経細胞について
Ⅳ.活性化関数
Ⅴ.人工ニュートロン
Ⅵ.ニューラルネットワーク
Ⅶ.畳み込みニューラルネットワーク
Ⅷ.ディープラーニング
Ⅸ.誤差逆伝播
Ⅹ.体験プログラム
  A.誤差逆伝播のプログラム例
  B.手描き数字画像のニューラルネットワークによる認識判定プログラム例

本書籍を使用して、神戸情報大学院大学及び、併設校の神戸電子専門学校では、「AIリテラシー」の授業や特別講義において活用しています。

2022年4月新設「esportsコース」オープンキャンパス体験授業が本格始動しました!

2021/03/12

2021/03/12

発表からたくさんの反響をいただいております神戸電子専門学校のゲームソフト分野esportsコースの本格的なオープンキャンパス・体験授業が3/6よりスタートしました。

今回はesports大会の企画・運営をテーマに、参加した高校生の皆さんが自分たちでゲームタイトルを選定し、ルールを企画、それを基にゲーム大会を運営してみるという体験を行いました。

どのゲームタイトルでesports大会を開催するのか?!

参加者同士の白熱した議論のうえ、決定されたのはまさかの「あつまれ どうぶつの森」。
一見するとesportsとは無縁とも思えるスローライフゲームのチョイスでしたが「むし取り&魚釣り」の合計買取金額を競うというオリジナルルールをみんなで企画。

実況・解説者の熱演もあり、実際の大会は大盛り上がり!

そんな大盛り上がりのゲーム大会を視聴者に届けるためのスイッチング(画面切り替え)やプレイヤーの真剣な表情をとらえるためのカメラワークなどの体験もみんなで真剣に取り組み、最後は参加者・保護者、関係者一同の大拍手で幕を閉じました。

こんなesports業界に興味のある方は、ぜひともオープンキャンパスに参加してみてください。

ビジネスコンテスト「WINK2020」で情報処理学科Webエンジニアコースの学生が優勝!

2021/03/12

2021/03/12

IoTサービスの創出を目的としたビジネスコンテスト「WINK2020」に、
情報処理学科 Webエンジニアコース1年の伊藤由偉さんと会田圭吾さんが参加し、
ビーコンを用いた新しいサービス「KIMI crew-キミクル-」を発表。
IT企業のエンジニア、大学院生などによる全12チームの中から優勝を勝ち取りました。

●IT分野年度末成果発表会デジタルワークス
▼会田圭吾さん発表「KIMI crew Server」
https://www.youtube.com/watch?v=lcGxOS2WcX4


▼伊藤由偉さん発表「KIMI crew App」
https://www.youtube.com/watch?v=htLKGnYtyJU

ITスペシャリスト学科の学生がセキュリティ・キャンプ2020に参加

2021/03/12

2021/03/12

ITスペシャリスト学科3年生の松本安美さん(兵庫県/姫路商業高等学校出身)が、セキュリティ・キャンプ2020に参加しました。
セキュリティ・キャンプは情報セキュリティに関する高度な技術教育と倫理教育を審査に通過した22歳以下の学生に対して実施するもので、本年度は実施形式をオンラインに変更して10~12月の週末に業界著名人の講演・専門講義・グループワークなどが行われました。

▼松本さんインタビュー▼
セキュリティに興味があり、就職でもセキュリティ関連の企業を受けていて、今年がラストチャンスだったので絶対に選ばれたいと思っていました。
参加するとたくさんの刺激があり、「全国にはこんなすごい人たちがいるんだ」と知れたり、勉強のために買い集めていた参考書の著者の方が直接指導してくれる機会があったりと驚きの連続でした。
その中で、「もっと1つのことを極めることが大切だ」ということにも気付かされました。
将来はプレゼンをすることも好きなので、セキュリティ・コンサルタントも目指してみたいですね。
母校で講師としてセキュリティのセミナーを開催するのも夢です。

▼セキュリティ・キャンプとは▼
独立行政法人情報処理推進機構(IPA)、一般社団法人セキュリティ・キャンプ協議会が主催、経済産業省が共済するイベント。学生に対して情報セキュリティに関する高度な技術教育を実施し、次代を担う人材を発掘・育成するプロジェクト。
参加するには応募課題を提出し、書類審査に通過する必要。
https://www.ipa.go.jp/jinzai/camp/index.html

資料請求で充実情報を入手!
まずは見て学校を知ろう!