専修大学の学部・学科情報一覧

経済学部

揺れ動く経済の今を知るうえで欠かせない分野を網羅

  • 募集定員

    現代経済学科:265名
    生活環境経済学科:266名
    国際経済学科:220名

  • 修業年限

    4年

1880年、日本ではじめて誕生した経済学部。
1996年には経済のグローバル化にいち早く対応した「国際経済学科」を設置。
そして2020年、最先端の経済理論を基礎から応用まで学べる「現代経済学科」
、社会環境に関わる経済問題を多面的に学べる「生活環境経済学科」が加わりました。
変わり続ける時代にあわせた学びが、社会を生きる確かな力になります。

【現代経済学科】
経済やビジネスの国境が薄れて世界共通語としての経済学の重要性が増しています。ミクロ・マクロ両面の経済理論と実証分析のツールとしての統計学を基礎から体系的に習得した上で、自分が関心を持った具体的な経済問題を、データをもとに分析する力を養います。

【生活環境経済学科】
市民生活の基盤となる経済社会は、グローバル化や人口動態の変化などによって大きく変動します。本学科では、地域・都市、自然環境、福祉システム、職場・雇用環境など、人々の身近な生活環境の変容を経済学の多様な学びから把握し、生活者の視点から「生活の質」を改善できる能力を身につけます。

【国際経済学科】
世界的視野から経済活動をとらえ、自ら考える力を養成します。国際協力のあり方や先進国と発展途上国の格差など、世界の多様な現実を3つの研究科目群から学びます。「地域研究」科目群では、世界の主要な地域や国における、経済や政治の地域性に着目して経済・社会システムを理解します。「比較研究」科目群では、日本と世界との経済・社会を比較して学び、様々な側面から国際社会全体の理解を深めます。「問題群研究」科目群では、地球環境、資源・エネルギー、外国人労働者、農業問題など幅広いテーマを学びます。

  • 初年度納入金

  • 1,224,000円(入学金200,000円含む)※2022年度学費

法学部

法律と政治の専門性と発想力がこれからの社会を動かしていく

  • 募集定員

    法律学科:533名 
    政治学科:164名

  • 修業年限

    4年

1880年に始まり、明治期の五大法律学校の一角として、日本の近代法治国家の成立に多大な貢献をしてきた法学部。
国会議事堂や最高裁判所、中央省庁に近い神田キャンパスで、法律や政治の現場を身近に感じながら学ぶことができます。
現代社会の基礎をなす法律と政治の専門知識を修得し、独創的な発想で主体的に社会の問題解決に取り組める人材を養成します。

【法律学科】
人が自由であるために、そして自由が調和する社会の実現のために、新たな社会の枠組みをつくる法の専門家となるための幅広い視野と発想力を鍛えます。1年次より基礎学力を養い、自らのキャリアを意識した12の履修モデルを参考に学びを深めます。

■法律専門職をめざす:法曹モデル、行政書士モデル、租税法務モデル
■公務員をめざす:国家公務員・地方公務員モデル、警察官・消防官モデル、裁判所事務官モデル
■企業法務をめざす:一般ビジネス法務モデル、金融ビジネス法務モデル、不動産・建設ビジネス法務モデル
■研究・教育者をめざす:外国の法と法の歴史モデル、国際関係法モデル、教職モデル

【政治学科】
自立した個人としての価値観を持ち、政治学を学ぶことで培った政策能力により、公共利益のために貢献ができる人材を育成します。政治の理論や歴史、経済格差、民族紛争、国際テロなどが研究対象。2年次からは、3コースから選択して学び、専門性を深めます。

■政治理論・歴史コース
政治の一般理論と歴史研究、倫理・規範の学修に力点を置いているコース。政治学の最新の議論も含め、21世紀の国際社会形成を支えるグローバルな視野を育てます。

■国際政治・地域コース
世界をひとつの国際社会ととらえ、そこでの政治的な動きを理解しようとするコース。国際的に展開する企業、様々な国際機関など、国際的な舞台で要求される能力を養成します。

■日本政治・政策コース
日本の政治と政策形成のプロセスを理解し、自ら日本の政策を形成できる能力を育成するコース。国内外の様々な分野でリーダーシップを発揮できる人材を育成します。

  • 初年度納入金

  • 1,224,000円(入学金200,000円含む)※2022年度学費

経営学部

理論と実践の双方からビジネスの最前線に挑戦する

  • 募集定員

    経営学科:373名
    ビジネスデザイン学科:180名

  • 修業年限

    4年

本学部は1962年の創設以来、ビジネスの現場から企業や組織を研究してきました。
学部の理念である「理論と実践の融合」に基づき、企業を中心とした組織の管理と経営戦略、新ビジネスの可能性などをリアルな視点で分析し、課題解決の手段を創造的に考察。
経営課題を見抜く力と行動力で、今後の経済社会を担う経営者やビジネスパーソンを輩出していきます。

【経営学科】
経営学科のコンセプトは、スケールアップ(Scale-up)です。スケールアップとは、組織をうまくマネジメントして、組織の目標を達成したり価値を高めたりすることです。例えば、企業だと利益や顧客満足度の向上、スポーツ球団だとファン層の拡大、地域だと観光客数の増大がスケールアップです。つまり、経営学科は、「1を100にする」学科です。

▼こんな興味にこたえます▼
・現代の強い企業の秘密が知りたい
・人をまとめるリーダーシップを身につけたい
・企業活動を通じて社会貢献してみたい
・情報をビジネスに活かす手腕を身につけたい

【ビジネスデザイン学科】
ビジネスデザイン学科のコンセプトは、スタートアップ(Strat-up)です。スタートアップとは、新しいことを始めてイノベーションを起こすことです。例えば、新商品・新サービスを開発したり、新規事業を創造したり、新しい地域のあり方を考案したりすることです。つまり、ビジネスデザイン学科は、「ゼロから1を作る」学科です。

▼こんな興味にこたえます▼
・ベンチャービジネスに携わりたい
・企業内で新規事業を立ち上げてみたい
・人々に喜ばれる商品アイデアを生み出したい
・自分で店舗チェーンを経営してみたい

  • 初年度納入金

  • 1,226,000円(入学金200,000円含む)※2022年度学費

商学部

変化するビジネスの仕組みを東京の中心で学ぶ

  • 募集定員

    マーケティング学科:438名
    会計学科:210名

  • 修業年限

    4年

商学教育115年を迎えた2020年には、多くのビジネス街に隣接する神田キャンパスに移転。実務家を講師として招いての講義や、周辺の企業・商店街などと学生のコラボレーションもより一層活発になるはずです。持続可能な開発目標(SDGs)と多様性を尊重しながら、社会の真理を追究し、行動を起こせる人材を育みます。

【マーケティング学科】
実学としてのビジネス教育を実践面と理論面の両方を意識しながら、学生の興味・関心をベースに2年次以降は4つの専門コース別に、将来の進路を想定しながら学んでいきます。

■マーケティングコース
顧客を満足させ、社会に貢献し、利益を生み出す仕組みを作るマーケティングの視点を身につけるコースです。
■ファイナンスコース
「おカネの流れ」について、金融・証券・保険の3つの側面から、現実の金融ビジネスに注目しながら、理論的な専門知識と実践的なファイナンスを体系的に学びます。
■グローバルビジネスコース
地球規模で展開する現代のビジネスを経営・企業育成・貿易など幅広い視点から学び、グローバルビジネスの現場で優れた問題解決能力を発揮できる力を身につけます。
■マーケットアナリティクスコース
激動するビジネス環境で、チャンスを活かせる判断力を養成します。留学・大学院進学への準備もしやすい柔軟な科目編成となっています。

【会計学科】
会計の専門家の育成をめざし、半期で集中的に履修できるセメスター制の採用や、専門性を高め、将来の進路を考えた4つの履修モデルを参考に履修を組み立てるため、より深く専門知識を身につけることができます。

■「会計プロフェッショナル」履修モデル
公認会計士、税理士、国税専門官など、会計学の知識を身につけて、将来、職業的な会計専門家をめざす履修モデルです。
■「財務会計」履修モデル
企業の経理や財務部門などに勤務し、主として投資家向けの財務報告書作成業務の専門家をめざす履修モデルです。
■「管理会計」履修モデル
会計の専門知識を駆使して、組織の経営管理や経営戦略の意思決定、その実行を担当する経営者をめざす履修モデルです。
■「財務情報分析」履修モデル
シンクタンクや企業格付け、コンサルティング関連部門に従事し、企業活動の分析や戦略を策定する専門家をめざす履修モデルです。

  • 初年度納入金

  • 1,226,000円(入学金200,000円含む)※2022年度学費

文学部

個性的な6つの学科を舞台に自らの力で本質に迫る

  • 募集定員

    日本文学文化学科:122名
    英語英米文学科:152名
    哲学科:76名
    歴史学科:142名
    環境地理学科:55名
    ジャーナリズム学科:124名

  • 修業年限

    4年

1966年創設の文学部が理念とするのは、「オリジナル」の追究。
研究において、原典に基づき、現場に出向き、自らの五感で確かめることを重視しています。このため学生全員が少人数制のゼミナールに所属し、きめ細かな指導を受けます。教員との対話を通して、あるいはゼミの仲間と考えをぶつけ合うことで、学びへの理解を深め、新たな視点を得ることができるでしょう。
また、各学科とも実習や調査を重視した学びを取り入れていることも特徴。
学生一人ひとりが主体的に真理に迫り、興味ある課題を深く掘り下げることで、社会で求められる能力と自らの未来を切りひらく力を育みます。


【日本文学文化学科】
文学、映画、演劇、アニメーションなどを含む表現文化全般が研究対象です。現役作家による創作指導、出版社での実務経験者による編集指導、ネットワークを利用した海外の学生との共同授業の実施など幅広い学びを展開しています。

【英語英米文学科】
英語圏の文学、文化、言語学、英語教育など英語研究の幅広い領域を学び、異文化を理解し、英語力を身につけます。2年次以降は「英語コミュニケーションコース」「英語文化コース」の2つのコースに分かれて学びます。

【哲学科】
1年次に「哲学の手ほどき」という科目を通じて、哲学の基本的な考え方を学びます。サブカルチャーや映画・演劇など現代のアートをはじめ、宗教学や日本思想など、幅広い領域を深く学ぶことができます。

【歴史学科】
ひとつの出来事が次の時代に何を引き起こしていくのか。地域的なつながりと時代の連続性を理解し、関心を持った時代やテーマを深く掘り下げていきます。

【環境地理学科】
異常気象や自然災害、都市の過密と農村の過疎、文化景観の破壊など様々な課題に取り組み、自然環境と社会環境の両面からバランスよく学びます。フィールドワークを重視した学びで実践力を磨きます。

【ジャーナリズム学科】
「ジャーナリズム」「メディアプロデュース」「情報文化アーカイブ」「スポーツインテリジェンス」の4つの柱を設定。広く社会に貢献するための能力を持つ情報スペシャリストを養成します。

  • 初年度納入金

  • 日本文学文化学科/英語英米文学科:1,234,000円(入学金200,000円含む)※2022年度学費
    哲学科:1,229,000円(入学金200,000円含む)※2022年度学費
    歴史学科:1,244,000円(入学金200,000円含む)※2022年度学費
    環境地理学科:1,259,000円(入学金200,000円含む)※2022年度学費
    ジャーナリズム学科:1,239,000円(入学金200,000円含む)※2022年度学費

人間科学部

たしかな実証研究で心と社会のメカニズムを探る

  • 募集定員

    心理学科:77名 
    社会学科:147名

  • 修業年限

    4年

2010年に創設された人間科学部は、心の研究を中心とする心理学科と、集団生活やその環境を研究する社会学科によって構成されています。新しい学部ではありますが、前身は1966年に創設された文学部人文学科で、心理学科は心理学コース、社会学科は社会文化コースとして始まり、50年を超える歴史を有しています。両学科ともに実験や実習を重視し、専用コンピュータルームや実験室、実習室などの教育研究施設は国内でも屈指の充実度です。
この環境のもと科学的、実証的に人間の理解をめざし、心と社会に生まれる様々な現象のメカニズムを解明し、主体的に社会を支え活動できる、高度な専門性を備えた人材を養成していきます。

【心理学科】
心の仕組みを実験や観察によって確かめる基礎心理学と、カウンセリングなどの実践に取り組む臨床心理学をバランスよく学びます。カウンセリング実習や心理アセスメント実習の他、動物実験や神経細胞の電気的な記録まで、実践的な研究が可能です。さらに、学生数は専任教員1人当たり約5名と、徹底した少人数教育をベースに、心理学の研究方法や専門的なスキル、また、卒業論文の研究・執筆まで、一人ひとりにじっくり時間をかけて指導します。

【社会学科】
社会を多面的にとらえ、社会に対して働きかけることができる人材の育成を目標に、幅広い専門科目群から将来の進路を想定して学ぶために3つの系を用意。メディア・文化・社会学理論に関心のある学生のための『文化・システム』系、家族、高齢者など人の生活に注目する『生活・福祉』系、「地域社会変動」をコア科目とし「環境・災害・コミュニティ」など日本の地域の変動に注目する『地域・エリアスタディーズ』系です。

  • 初年度納入金

  • 心理学科:1,327,000円(入学金200,000円含む)※2022年度学費
    社会学科:1,247,000円(入学金200,000円含む)※2022年度学費

国際コミュニケーション学部

日本と世界をつなぐグローバル社会の翼になる

  • 募集定員

    日本語学科:71名
    異文化コミュニケーション学科:150名

  • 修業年限

    4年

国際コミュニケーション学部は、2020年4月に神田キャンパスに誕生した新しい学部です。言語や文化にかかわる多彩な科目と多くの海外体験を通して真の国際人の養成を目指します。
「国際化の進む日本国内で」 、「日本から海外に向かって」という2方向でのグローバル化に対応した2学科を用意して、確かな国際理解をふまえて自らの力を発揮できる人材を育てます。
また、多彩な専門科目に加えて、同じ神田キャンパスの法学部・商学部と連携した科目もあり、視野を広げることも可能です。

【日本語学科】
言語としての日本語を客観的に学ぶことで、国内における日本語の言語生活向上や課題解決、また国内外での日本語教育などに貢献できる人材を育成します。学ぶ目的に合わせて7つの履修モデルが用意されています。

■7つの履修モデル
【国語教員志向型】中学校、高等学校の国語教員免許取得をめざします。
【日本語専門職志向型】日本語の専門知識を生かした職業をめざします。
【社会言語学重点型 】社会と言語との関係性について洞察力を磨きます。
【コーパス日本語学重点型】データベースを活用して日本語の変遷を探究します。
【古典日本語重点型】古典から現代に至る日本語の変化の歴史を考察します。
【日本語教師志向型】日本語を母語としない人に日本語を教える技術を学びます。
【多言語学習重点型】英語・ドイツ語・フランス語など多様な言語を学べます。

【異文化コミュニケーション学科】
言語や文化の多様性に深い理解を持ち、複数言語によるコミュニケーション能力を持って国際社会に貢献できる人材の育成をめざします。異文化コミュニケーション学科には異文化を理解するための3つの柱があります。

■3領域の専門科目群
【地域】北米・ラテンアメリカ・ヨーロッパ・アジアなどの各地域の特色を探究します。
【文化】思想・宗教・環境・多文化共生などをキーワードに異文化を理解します。
【コミュニケーション】多様なコミュニケーションのあり方を学びます。

  • 初年度納入金

  • 日本語学科:1,286,000円(入学金200,000円含む)※2022年度学費
    異文化コミュニケーション学科:1,358,000円(入学金200,000円含む)※2022年度学費

ネットワーク情報学部

情報技術を活用した新しい価値を世の中に提案できる力を育てる

  • 募集定員

    235名

  • 修業年限

    4年

本学部はインターネットが社会に普及しはじめた2001年に創設されました。
理工、ビジネス、マーケティング、デザイン、メディア、情報、心理など、文系と理系の境界を超えて、情報技術の科学的な理解と、情報を社会に活かすデザインの両面から学べます。
特に3年次の必修科目「プロジェクト」は、実際の企業のようにグループで協同して研究成果を出す特徴的な科目です。
こうした教育研究を通じ、科学的かつ創造的に問題解決できる人材を養成します。

【ネットワーク情報学科】
興味・関心に応じて学べるカリキュラムと実践的な教育により、高度な技術力を現実に活かせる情報プロフェッショナルを育成。2年次以降は卒業後のキャリアプランも見据え、2コース6プログラムの中から選んで学習します。

■数理とデータに基づいて分析・解決を行うSコース
【データサイエンス】多様な分野の課題を把握し、データに基づいた意思決定を行い、社会で新たな価値を創造できる人材を育成。データを分析、ハンドリングする手法や経済・経営に関する知識を学びます。

【ネットワークシステム】企業と利用者の互いの視点から、便利で安全な情報システムを提案・開発できる技術者を育成。情報技術を体系的に学びつつ、ソフトウェア開発現場に近い環境で実践的な演習も行います。

■ユーザとの対話に基づいて問題発見・ 解決を行うDコース
【コンテンツデザイン】情報技術と認知科学を駆使し、人に優しい情報をデザインできる人材を育成。利用者や環境の分析を通じ、ニーズの発見とアイデアを生み出すためのデザインの考え方を実践的に学びます。

【メディアコミュニケーション】メディアとコミュニケーションの理論や技能を創造的に活用し、人間、組織、地域社会の課題を革新的に解決できる人材を育成。メディアの特性やコミュニケーションの仕組みを学びます。

【フィジカルコンピューティング】マイコンやセンサー、無線通信などの技術を使って新しいサービスを創造することができる情報技術者を育成。ものづくりを通してハードウェアとソフトウェアの理論と技術を学びます。

【ITビジネス】私達が暮らす社会における様々な問題点を発見し、情報技術を活用して解決するとともに、新しいビジネスを企画する人材を育成。問題解決、情報技術、ビジネスをバランス良く学びます。

  • 初年度納入金

  • 1,424,000円(入学金200,000円含む)※2022年度学費

資料請求で充実情報を入手!