【大学・学部が決まらない高校生必見】「やりたいこと」が見つからない人の進路の選び方を一挙紹介!

【大学・学部が決まらない高校生必見】「やりたいこと」が見つからない人の進路の選び方を一挙紹介!
 

東進ハイスクール・東進衛星予備校が10万人の中高生に向けて実施したアンケートによると、
将来の夢やなりたい職業が決まっている中高生は約52.1%なんだそう。
今回は、将来の夢やなりたい職業が決まっていない高校生に向けて、大学の学部の選び方を紹介します!

なりたい職業が無いなら、適職診断をしてみましょう◎

「好きこそ物の上手なれ」ということわざがありますが、自分の得意なこと兼好きなことが仕事になるに越したことはありません(笑)。
今回は、高校生向けの適職診断2つを紹介します!
どちらも登録無しで簡単に出来るので、ぜひチャレンジしてみてくださいね◎

適職診断①
こちらの適職診断は、たった10個の質問を『Yes』または『No』で回答するだけで良い簡単なタイプです◎
空き時間に簡単にできるのでおすすめです!

適職診断②
510の職業から自分に合いそうな職業をピックアップしてくれる適職診断です。
164問の質問があるので、時間がある時におすすめ!

志望大学の選び方を紹介!

将来の夢が決まらないなら、志望大学から決めるのがおすすめです◎
さまざまな学部が設置されている総合大学であれば、自分の学力や通学時間や入試科目などから総合的に志望大学を選択することが出来ます!

家からの近さ

「家から通える範囲の大学がいいな〜」と考えているなら、アクセスの利便性は大事ですよね!
通学時間はもちろんのこと、路線の混雑具合でもかなり通学時の快適さは変わってきます。

日本学生支援機構の平成30年度調査によると、
自宅から大学までの片道通学時間が31分〜60分の学生が31.2%で、61分〜91分の学生が29.4%なんだそう。参考にしてみてくださいね!
ちなみに週5回通学の場合、片道45分なら週450分、片道90分なら週900分の時間を通学に費やすことになります。

偏差値

大学の偏差値や、大学群で決める方法もあります。
大学群とは、複数の大学を難易度などのさまざまな要素からまとめた呼称のことです。

関東圏の私立大学であれば『早慶上理ICU』『MARCH』『日東駒専』。
関西圏の私立大学であれば『関関同立』『産近甲龍』。
などが有名です!聞いたことある方も多いと思います。
予備校や塾などでは、大学群ごとにコースやシステムが分かれている場合も多いです。

入試科目

得意科目と苦手科目がかなりハッキリしているなら、入試科目で選ぶのも良いですね!

国公立大学では文系学部/理系学部を問わず7科目の試験が必要な学校が多く、国立大学では原則として5教科(6教科)7科目での受験と定められています。

ですが私立大学では文系学部は英語/国語/地歴選択、理系学部は英語/数学/理科のパターンが一般的です!
文系学部の地歴選択では『世界史』『日本史』『地理』のほか、大学によっては『数学』を選択できる場合もあります!

また、私立大学の文系学部は『国語科目』の中でも古文漢文の有無は大学によって変わるほか、『国語科目』が小論文試験になる学校もあるんです。

気になる大学を探してみる

志望学部の決め方を紹介!

志望大学の目星がついたら、次は学部を決めましょう◎

文系学部

文系学部には
『文学部』『外国語/国際系学部』『社会学部』『心理学部』『経済学部』『経営学部』『法学部』『教育学部』
などがあります!

一般的に『法学部』『経済学部』に人気が集まるありますが、最近では『外国語/国際系学部』の注目度も高まっています!

大学によっては『文学部』の中に心理学科や社会学科があったり、『法学部』の中に政治学科があることも。大学のHPをよく読んでくださいね◎
最近では大学の公式HPとは別に、大学学部ごとの公式HPがある大学もあります!

理系学部

理系学部には
『工学部』『理学部』『農学部』
などがあります!

『工学部』はコンピュータやものづくりに関することを学び、
『理学部』では数学や物理や生物学などを学ぶことができます!

気になる大学を探してみる

いかがでしたか?

今回は、将来の夢ややりたいことが明確に決まっていない高校生に向けて、進路の選び方を紹介しました!
将来の進路の選び方に迷っている高校生は、ぜひ参考にしていただけると嬉しいです。

気になる大学を探してみる

専門学校・スクール・大学を選ぶなら

コレカラ進路.JP」は、高校生のための「進学情報サービス」です。 高校生が将来なりたい職業につくために、将来の仕事や進路を決めるヒントになる情報を日々提供しています。

お陰様で、「コレカラ進路.JP」は約1,000校の専門学校やスクールの情報を掲載するまでに至りました。 そして、年間100万人を超えるユーザーにご覧いただき、年間1万人を超える高校生や保護者の皆さんにサービスをご利用いただいています。
2021年4月からは、専門学校・スクールに加えて大学の掲載も開始しています。

さらに使いやすくなった「コレカラ進路.JP」をよろしくお願いいたします。